証券会社が倒産した後の株式とお金の扱いについて

証券会社を通して株式などの資産を購入した場合には、それらの資産は証券会社に保管されるのではありません。証券会社で売買をしたとしても、その資産は信託会社に預けられます。これが分別管理と呼ばれるものです。ですから、信託会社に資産が預けられている状態が証券会社が倒産したとしても、資産は守られます。預けている資産が証券会社の負債の整理に使われることはありません。
信託会社に資産が預けられる前の場合にはどうなるのかというと、これについては投資者保護の制度によって守られます。信託会社には、週に1度は預けなければならないとなっていますから、最大で1週間の期間があります。このようなことがありますから、投資者保護基金が設立されていて、これによって資産は守られるのです。
ですから、証券会社を通して購入した資産については、よほどのことがない限り守られていると考えられます。ただし、証券会社がが破綻するくらいのことになれば、日本経済は相当危ない状態になっているでしょうから、株式も債券も売られて、資産価値が下落していると考えられます。資産は守られると言っても、価格変動リスクからは守られることはないという点に注意しておきましょう。

Comments are closed.