債券でお金を増やす方法

債券でお金を増やすためには、まずその種類を知っておく必要はあります。投資対象としては利付債と割引債の二つがありますから、この違いを把握しておきましょう。

 
利付債とは、利子を受け取ることのできるものを指します。例えば額面が1万円で、利率が2%で、利払いが年2回であれば、購入するときには1万円を支払います。そして年に2回、100円ずつの利子を受け取ることができます。償還のときには1万円を返還してもらう事ができます。つまり、利子が収入になります。
割引債は利子を受け取ることはありません。額面が1万円であれば、利子を受け取ることなく償還時には1万円を受け取ることになるのですが、購入するときに額面だけの金額を支払う必要はありません。例えば、9,800円で買うことができるというように、割り引いた価格で買うことができるのです。9,800円で買うことができれば、200円分の利益を得る事ができるでしょう。これが利子に相当する金額となり、これによって資産を増やすことができます。

 
満期保有をして増やすのが基本的な投資の方法となりますが、その場合には利益の種類はこの2つがあります。どちらをメインにして増やしていくのかを考える事は必要です。